魔法の薬としてテレビで話題となり各メディアで注目を集めた肥満治療薬ゼニカルはスイスのロシェ社から販売されているお薬です。当サイトではゼニカルとロシェ社についてご紹介しております。

料理は自分でやろう・ゼニカル使用中の食事のコツ

料理は自分でやるようにすると、ダイエットの成功率が上がります。
すぐに食べられる加工品やインスタント食品は便利ですが、カロリーが高めですし、冷めても味が薄く感じないように濃い味付けにしてあります。
お惣菜をよく買うという人は、ダイエットを成功させたいのならば、なるべく自分で料理して食事を作るようにしましょう。
忙しくてどうしても料理を作れない時にはお惣菜を利用しても良いですが、その際には野菜が大きめに切ってあるものや、枝豆など丸ごとの野菜が入ったお惣菜を選ぶようにしましょう。野菜が入っているとよく噛まないと食べられないので、食事の時に早食いにならずに済みます。
時間がある時には、自分で食事を用意しましょう。ダイエット向きの料理のコツは、糖質を少なくすることです。米、いも、かぼちゃ、などは和食でよく使いますが、これらは糖質がかなり多いです。
それよりも、タンパク質と脂質が入った食材を選ぶようにしましょう。この方法は糖質制限ダイエットにも使われている方法で、ブドウ糖の摂取を減らすことによってインスリンの分泌を少なくして、脂肪になるのを防ぐ方法です。
糖質制限ダイエットは、ゼニカルを服用中の人にも向いています。ゼニカルは食べた分の脂質の吸収率を下げてくれるダイエット薬ですが、糖質の吸収を防ぐ効果はありません。
糖質制限ダイエットでは、タンパク質と脂質をメインに摂取して、糖質を1日60g以下に抑えます。ここでゼニカルを使うと結果的にタンパク質の吸収のみがスムーズになり、脂質のカロリーはダウン出来ます。
肉や魚からタンパク質を摂りたいけれども、脂質が気になるという人は、ゼニカルを使いながらダイエットしても良いでしょう。